記事一覧

「女性が働き続けられる職場づくり」セミナー開催

 






2018/02/09 09時05分配信 - 産業・経済 -

 県女性就業・労働相談センターの 「女性が働き続けられる職場づくり」 セミナーが8日、 宮古島市働く女性の家で行われた。 社員が長く活躍できる職場づくりに向け、 特定社会保険労務士の善平克恵さんらが出産・育児期の就業継続や仕事と生活の両立支援、 職場環境の見直しなどに同センターの支援を受けながら取り組む県内企業の事例を紹介した。
続き
 善平さんは企業が取り組むべきこととして仕事と生活の両立支援を挙げ、 「働き続けられない原因や課題を抽出する。 バランスが崩れれば働き続けられない。 社員が働きやすい環境を整備し、 社員が意欲や能力を発揮して長く活躍してもらうことが大切」 と指摘。 本島の保育所で取り組んだ支援プログラムについて 「共通理解し、 助け合える職場づくりをビジョンに仕事の効率化、 出産・育児期の職員への適切な対応」 などを改善目標として職員の資格の有無による仕事の洗い出し、 業務の文書化を行ったことなどを紹介した。
 下地診療所事務長の根間真子さんが職場環境づくりの事例を報告。 「福利厚生はしっかりしているが離職が多いのはなぜか。 続けたい職場にするにはどうすればよいか」 という課題に対し、 有給休暇の取得促進や相互理解、 管理職の意識向上などに取り組み、 「人間関係が大切。 一人一人を認め合い、 一人一人を生かせる環境が必要。 職場を良くするためには課題を見つけ、 原因を探り、 目標を掲げ、 改善策を練る。 時間を決めて仲間と取り組む」 と発表した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18694-1.jpg
「女性が働き続けられる職場づくり」 セミナーで講話する善平さん=市働く女性の家

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加