記事一覧

伊良部高校で探求的学習の最終発表会

 






2018/02/09 09時04分配信 - 教育 -

 県立伊良部高校 (菅間季昌校長) の2017年度1・2年生探究的学習最終発表会が8日、 同校体育館で行われた。 1年生15人と2年生24人がそれぞれのテーマをもち検証したことをプレゼンテーションし、 質問に答えていた。
続き
 同発表会はポスターセッション形式の発表を通してプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力の向上を図るとともに、 探究した内容を発表することで探究することへの興味関心を高め、 学習意欲の向上を図ることなどを目的に行われた。
 39のテーマでそれぞれ発表が行われた。 このうち、 1年生が発表した 「大きい魚が一番釣れるエサとは」 として▽魚の切り身▽エビ▽練エサ―の3つで検証。 結果として 「練エサが一番多く魚が釣れた」 と報告した。 また、 趣味だけでなく 「バスケットでシュート率をあげるためには」 などスポーツに関するテーマでも検証結果が話された。   
 菅間校長は 「どういうことに疑問を持ち、 なぜそうなるのかを解決するために調べることが大事。 そしてその内容を発表することでコミュニケーション力も上がると思う。 説明を受けるときはしっかりと聞く態度で臨み、 どんどん質問してほしい」 などと話した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18693-1.jpg
関心を持ったテーマを検証し結果を仲間たちの前で発表する生徒=伊良部高校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加