記事一覧

宮古総実高生徒、被服・調理検定1級に14人合格

 






2018/02/09 09時02分配信 - 教育 -

 県立宮古総合実業高校 (本村博之校長) 生活福祉科の生徒がこのほど、 2017年度全国高等学校家庭科技術検定の被服製作技術検定1級 (和服) と食物調理技術検定1級 (食物) にそれぞれ7人が合格。 8日、 同校で本村校長に検定合格を報告した。
続き
 被服製作技術検定1級は4時間以内に和服のひとえ長着を製作する技術を検定。 合格者を代表して池間彩紀さんが 「被服の授業で和裁の基本を習い、 手縫いなので苦戦したがみんなで励まし合って頑張った。 将来は美容師を目指しているので被服で学んだ細かな作業を生かしていきたい」 と感想を述べた。
 食物調理技術検定1級では 「45歳父の誕生日祝い」 をテーマに指定材料として鶏肉の焼き物、 黄身酢を使った5品の献立を90分以内に調理した。 合格した親泊稜真くんは 「食物班で献立を作成し、 材料や調味料の分量などを決めた。 これから一人暮らしをするので料理を頑張りたい」、 浅川美月さんが 「90分以内に5品は難しかった。 卒業後も検定を通して学んだ調理を続けていきたい」 とそれぞれ話した。
 本村校長は 「合格おめでとう。 皆さんが授業をはじめ放課後、 土日も頑張ったことが1級合格という成果になった。 生活の中で必要な知識として生かしてほしい」 と述べた。
 合格者は次の通り。
【被服製作技術検定1級・和服】池間彩紀、 川田実生、 島尻沙弥、 下里海梨、 友利優良、 與儀玲花、 湧川優希【食物調理技術検定1級・食物】浅川海月、 上里夢叶、 親泊稜真、 洲鎌緋里、 砂川陽、 宮国琳、 與儀玲花

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18691-1.jpg
被服製作技術と食物調理技術の検定1級に合格した生活福祉科の生徒たち=宮古総合実高校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加