記事一覧

海ぶどう品評会で長崎シーファーム優秀賞

 






2018/02/07 09時03分配信 - 産業・経済 -

 先月末にセルラーパーク那覇で開催された 「おきなわ花と食のフェスティバル2018」 の県産海ぶどう品評会で高野海ぶどう生産組合の長崎シーファーム (長崎輝義代表) が優秀賞県農林水産部長表彰を受賞した。 6日、 市役所平良庁舎で下地敏彦市長に受賞を報告するとともに、 天然物を生かした宮古産海ぶどうのブランド化に向けて意欲を見せていた。
続き
 同品評会は昨年まで県海ぶどう生産者協議会が実施していたが、 今年から花と食フェスティバルで行われるようになり、 県内18生産者が出品。 生産体制をはじめ外観や食感などを総合的に審査した。
 長崎代表は 「海ぶどうはどの生産者もほぼ同じだが、 市役所に造ってもらった施設での安心安全な品質が評価された。 感謝したい。 昨年5月に与那覇湾の天然海ぶどうを植え替えた6代目で受賞した」 と報告。 下地市長は贈られた海ぶどうを試食しながら 「組合みんなで協力して宮古の天然物で良いものを作ってほしい」 と激励した。
 同組合の会長も務める長崎代表は天然海ぶどうについて 「粘りや歯ごたえが違う。 まだ安定生産は難しいが宮古の天然物をブランド化したい」 と話した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18678-1.jpg
県海ぶどう品評会優秀賞を報告した長崎代表(左2人目)=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加