記事一覧

花と食フェス2018開幕、県産物の魅力再発見を

 






2018/01/27 21時07分配信 - 産業・経済 -

【那覇支局】「てぃだサンサン 食べたらがんじゅう 沖縄産!」 をキャッチフレーズに27日、 おきなわ花と食のフェスティバル2018 (主催・同推進本部) が那覇市奥武山のセルラースタジアム那覇周辺で開幕した。 28日までの2日間、 「地産地消」 のテーマのもと県産農林水産物や加工食品の展示、 試食・販売コーナー、 おきなわ島ふ~どグランプリなどの多彩な催しが行われる。 会場には、 初日から大勢の県民や観光客らが詰めかけて賑わいを見せていた。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18624-1.jpg
開会式では関係者によるテープカットが行われフェスの幕開けを飾った

ファイル 18624-2.jpg
生産農家が丹精込めて育てた花きなどを買い求める県民らの姿で賑わった=奥武山公園セルラーパーク那覇周辺

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加