記事一覧

市民文化祭芸術劇場 宮古舞踊の各流派一堂競演

 






2018/01/22 09時02分配信 - 文化・芸能 -

 宮古島市民総合文化祭一般の部芸術劇場 「新春を寿ぐ 特選宮古の芸能」 (主催・同市など) が20日、 マティダ市民劇場で開催された。 久田流、 琉球舞踊穂花会、 島袋本流紫の会、 玉城流敏風会が一堂に会して共演。 各流派の家元、 師範、 教師が磨き上げられた数々の舞踊を披露。 観客たちは宮古の芸能の粋を集めた舞台を堪能した。
続き
 舞台は久田流の久田多嘉子二代目家元と根間幸子さんによる壮麗な 「とうがにあやぐ」 で幕開け。 「瓦屋節」 では琉球舞踊穂花会の湧川絢子さん、 神里和子さん、 友利久美子さん、 大浦暁江さん、 平良紀和子さんが鮮やかな紅型をまとって満月の下で粛々と舞う古典女踊りを披露。 玉城流敏風会の池間美代子さんの 「花風」、 島袋本流紫の会の神里美代子さんの 「布だきぬ道」 などが次々と舞台で繰り広げられた。
 主催者を代表して下地敏彦市長が 「宮古の芸能はすごいと改めて感じた。 宮古芸能の第一人者をすべて集めて皆さんに鑑賞してもおうと初めて企画した。 宮古の芸能がいかに素晴らしいか。 家元、 師範、 教師16人による格調高い舞踊を堪能してほしい。 市民総合文化祭のフィナーレを飾るのにふさわしい舞台だと思っている」 とあいさつした。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18577-1.jpg
古典女踊りの「瓦屋節」を踊る琉球舞踊穂花会の湧川さんら=20日、マティダ市民劇場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加