記事一覧

下地・来間小6年生10人、白川町交流研修出発

 






2018/01/13 09時04分配信 - 社会・一般 -

 2017年度青少年育成ひとづくり交流体験事業 「海・山体験交流宿泊研修会」 出発式が12日、 宮古空港ロビーで行われた。 下地・来間小学校6年生10人が保護者や関係者から見送られる中、 岐阜県の児童交流を通して様々なことを学び雪山やスキーを楽しみ、 成長して帰ってくることを誓った。
続き
 市教育委員会の宮國博教育長は 「岐阜県は宮古島と違い、 海がなく雪国の地。 現地の子どもたちとの交流を通して多くのことを学び、 宮古島では体験できない雪山、 スキーなどを大いに楽しんできてほしい。 たくさんの土産話を持ち帰ってください」 と激励した。
 児童を代表して上地あんさん (下地小6年) は 「私が一番楽しみにしているのはスキー体験。 宮古島では見られない雪や現地の児童たちとの交流を通して色んなことを学んでくる」 と話した。
 今回、 参加する児童は次の通り。
 石垣凛空 (下地小6年) ▽川根心真 (同) ▽川満翔太 (同) ▽打出賢太郎 (同) ▽仲地亜緒 (同) ▽与那覇せいな (同) ▽上地あん (同) ▽洲鎌千綾 (同) ▽洲鎌姫雛 (同) ▽砂川野乃花 (来間小6年)

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18528-1.jpg
スキーや雪山体験を楽しみにする児童ら=宮古空港ロビー

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加