記事一覧

韓国チャーター初便就航、空港で歓迎

 






2018/01/12 09時06分配信 - 産業・経済 -

 大韓航空の宮古│仁川チャーター便の2018年初便が11日、 到着した。 韓国からゴルフツアー客ら130人を乗せた航空機が午前9時頃に宮古空港に降り立つと、 宮古島観光協会など関係者がセレモニーを行い盛大に歓迎した。
続き
 空港では、 観光関連団体が日本語とハングルで書かれた横断幕を掲げたほか、 三線ライブなどでツアー客らを迎えた。 韓国ではゴルフ人気が高く愛好者も多いがゴルフ場が不足しているほか、 冬には気候的にもプレーが難しく12~2月は海外ゴルフツアーのシーズンとなっているという。 これまではアシアナ航空の直行便が出ていたが今年は大韓航空が初就航した。
 この便で初めて宮古島に訪れたイ・ミ・スクさんは 「日本に旅行でたくさん訪れたが宮古島は初めて。 美しい島だと聞いている。 韓国は寒いのでここは温かい。 今から観光を楽しみにしている」 と感想を述べた。
 今回のチャーター便は1カ月間で3便が運航され、 うち、 1月は11、 14、 17日の就航が予定されている。 来島した観光客たちはゴルフを楽しむだけでなく島内観光も行う。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18523-1.jpg
宮古島観光協会の職員らが初便で来島した客たちを歓迎した=宮古空港

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加