記事一覧

18年初荷式で冬春期野菜シーズンに

 






2018/01/11 09時07分配信 - 産業・経済 -

 宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会 (池間義光会長) の2018年初荷式が10日、 JAおきなわ宮古地区農産物集出荷場で行われた。 冬春期野菜の本格的なシーズンに向けて生産農家や関係者が宮古産野菜の豊作と高値安定、 安全な輸送を祈念した。 今期は昨年9月の台風襲来で定植の遅れ等があったものの、 多くの品目は比較的順調に生育しており、 市場の需要も高いという。 同協議会では野菜・果樹の出荷2703㌧、 販売額10億円を計画している。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18517-1.jpg
農家や関係者に見送られる2018年冬春期野菜の初荷を積んだトラック=JA宮古地区農産物集出荷場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加