記事一覧

県中学校新人卓球大会で平良中男子が3連覇達成

 






2018/01/09 09時06分配信 - スポーツ -

 中学卓球の2017年度県新人選手権大会兼全国選抜大会県予選 (主催・県卓球協会) が6、 7の両日、 沖縄市の県総合運動公園体育館で行われ、 男子団体は平良が決勝で宮里を破り、 見事に3連覇を達成した。 個人は女子の宮國悠乃 (平良1年) が優勝を果たし、 兼島幸祐 (同2年) が準優勝する活躍を見せた。 平良の部員たちは8日、 宮古空港に到着し、 上位入賞に笑顔を見せた。
続き
 団体男子で平良は準決勝で宜野湾中と対戦し3―1で勝利し、 決勝は昨年と同じ宮里中相手に3―1で優勝を決めたという。 このほか平良は、 個人で男子の本村葵 (2年) と牧志侑武 (1年) がベスト4、 女子で砂川風子 (2年) がベスト8に入った
 空港には保護者や学校関係者ら多数が詰めかけ、 部員たちを出迎えた。 顧問の下地研範教諭が男子団体優勝などを報告。 亀川昌彦校長は 「3年生が抜けた新人戦で (優勝の) 壁は高かったと思うが、 見事に連覇した。 夏の男女アベック県制覇を目標にして頑張ってほしい」 と期待を込めた。
 本村主将は 「団体戦で3連覇できたのは皆さんのお陰。 3月の全国大会では目標のベスト8に入れるように頑張る」 と保護者らに感謝の意を表わすとともに、 抱負を述べた。
 宮國は 「12月の大会では3位と悔しい思いをしたが優勝できてよかった。 九州大会ベスト8、 全国大会ベスト16を目指して活躍したい」、 男子の兼島は 「個人では (優勝という) 目標が達成できなかった。 その分、 全国大会で頑張りたい」 と意欲を見せた。
 平良男子は3月23日から京都府で開催される全国中学校選抜卓球選手権大会、 4月21日から熊本県で行われる第3回九州中学選抜大会にそれぞれ出場することになる。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18502-1.jpg
男子団体優勝や個人準優勝、 女子個人優勝など輝かしい成績を上げ帰島した部員ら=宮古空港

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加