記事一覧

下地地区新春ウォーキング、来間大橋で”歩き初め”

 






2018/01/05 09時04分配信 - 催事・イベント -

 下地地区新春ウォーキング (主催・下地学区体育協会、 下地総合スポーツクラブ) が1日、 来間大橋の宮古島側袂にある皆愛公園を発着点に行われた。 参加した30人余りの親子連れなどは恵まれた天気の下、 新春早々さわやかな汗をかいていた。
続き
 参加者は5㌔の来間島竜宮展望台最上階折り返しコース、 2・5㌔のなかよしファミリーコースで元日の朝日を浴びながら新たな気持ちでウォーキングを楽しんだ。 毎年下地小・中学校の野球部が参加しているが、 今年はインフルエンザの流行のため参加を見合わせたといい、 例年に比べ参加者は少なめだったという。 ウォーキングの後には温かい豚汁が振る舞われた。
 開会式で同協会の平良哲則会長は 「各々の希望や目標、 夢があると思うが、 実現させるには健康が大事。 さわやかな気持ちで飛躍の年にできるように頑張って歩こう」 とあいさつ。 初参加となる川平綾菜さん (平一小2年) は 「おじいと参加した。 5㌔のコースに挑戦するが頑張って歩きたい」 と話した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18478-1.jpg
スタートの合図を受け一斉に歩き出す参加者たち=1日、 下地の皆愛公園

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加