記事一覧

不法投棄ゴミ問題 住民訴訟で下地市長尋問

 






2017/12/28 09時02分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市不法投棄ゴミ残存問題の住民訴訟は27日、 下地敏彦市長の証人尋問が那覇地裁平良支部で行われた。 同尋問は非公開で行われたが終了後の取材に対して下地市長は契約に則り事業を実施したことなどを強調するとともに 「市に対しても損害を与えていない」 と見解を示した。 一方、 原告は 「市長の責任を果たしていないことが明確になった」 と指摘した。 裁判は来年1月23日に結審し今年度中に判決が出る見込み。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18461-1.jpg
証人尋問を終え裁判所から出てくる下地市長と市職員ら=那覇地裁平良支部

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加