記事一覧

県高校ボクシングで伊志嶺、川満優勝

 






2017/12/27 09時01分配信 - スポーツ -

【那覇支局】第54回県高校ボクシング選手権大会 (主催・県ボクシング連盟、 県高体連ほか) が25日まで、 沖縄水産高校で行われた。 各階級で熱戦が繰り広げられた結果、 ピン級の伊志嶺大喜 (宮古工業2年)、 バンタム級の川満克己 (同) が優勝した。
続き
 知念健次監督は 「伊志嶺は緊張していたが、 力を全て出し切った。 一度辞め、 復帰して半年。 よく頑張った。 川満は、 上下の打ち分けが課題。 ボディーが打てない時は上に切り替えないといけない。 伊志嶺は4月の春季大会、 川満は1月の九州新人でも攻める気持ちを忘れず戦ってほしい」 と話していた。
 決勝で5―0の判定勝ちを収めた伊志嶺は 「最初から思い切りいって倒そうと思っていた。 緊張で体が動かなかったが、 最終3ラウンドは監督に言われたように気持ちで踏ん張った。 優勝は初めてなので嬉しい。 今後はもっと力をつけてレフリーストップで勝ちたい。 疲れてくるとガードが下がるのでスタミナを付けたい」 と感想を話した。
 決勝で同じサウスポーとの対決となった川満は、 最後は相手をコーナーに追い詰めての連打で、 1ラウンド1分39秒でRSC勝ち。 「右ボディーを中心に攻めようと思っていたが、 ちょっと固くなって上下の打ち分けができなかった。 チャンスにまとめられる力が付いてきた。 これからも練習を頑張りたい。 九州新人でも、 これまで通り監督を信じて気持ちで負けないボクサーになりたい。 決勝に進み、 全国出場を取りたい」 と意気込みを語った。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18453-1.jpg
優勝して喜びを見せるピン級の伊志嶺 (右) とバンタム級の川満=25日、 沖縄水産高校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加