記事一覧

第34回トライアスロン宮古島大会ポスター完成

 






2017/12/23 09時06分配信 - スポーツ -

 第34回全日本トライアスロン宮古島大会ポスターデザイン発表記者会見が22日、 市役所平良庁舎で行われた。 大会長の下地敏彦市長と同実行委員長の長濱政治副市長が、 東京都在住の高橋祐一郎さん (42) の 「三位一体」 と題した作品が最優秀賞に選ばれ、 同大会公式ポスターデザインとなったことを発表した。
続き
 下地市長は 「全国から115点の応募があり、 今月中旬に高橋さんの作品を選定した。 このポスターを使って34回トライアスロン宮古島大会の知名度を上げ、 成功できるよう頑張っていきたい」 と語った。
 長濱副市長は 「この作品は、 迫力があり斬新。 トライアスロンに参加する人たちの湧き上がる闘志を上手く表現できている。 1人のアスリートの顔がとてもよく、 どんなに過酷なことでも通りぬいてみせるという強いポスターに見える」 と話した。
 高橋さんによると 「3つ競技を限界まで競い合うトライアスロン。 その中でもロングディスタンスという過酷なレースに立ち向かう熱い熱意を1人のアスリートのスイム・バイク・ランそれぞれの装備で眼前を見据える姿で表現した。 また背景には、 沖縄の美しい海・空・太陽を配して島ならではの大会らしさを演出した」 という。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18436-1.jpg
トライアスロンポスターを発表する下地市長(左)と長濱副市長=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加