記事一覧

陸自配備計画で防衛省などが住民説明会開催

 






2017/12/05 09時07分配信 - 社会・一般 -

 上野千代田で工事が始まった 「宮古島駐屯地 (仮称)」 における建設工事に伴い沖縄防衛局などは3日、 下地農村環境改善センターで住民説明会を開いた。 この中で、 国を取り巻く安全保障環境などこれまでと同様の説明を行い終始 「住民の皆さんの理解と協力を頂きたい」 と述べた。一方、 同所での配備については車載型のミサイル発射機について地対空誘導弾 (3基)、 地対艦用 (4基) の計7基を配備すると説明したほか、 司令部については千代田には設置しないことも明らかにした。 参加者からは着工後の説明会開催に 「順序が逆だ」 や 「全容が説明できるまで工事をストップするべきだ」 などの意見があった。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18323-1.jpg
千代田での陸自宮古島駐屯地建設工事の概要などについて説明会が行われた=3日、 下地農村環境改善センター

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加