記事一覧

宮糖伊良部が製糖操業開始、初日糖度は13・09

 






2017/12/02 09時07分配信 - 産業・経済 -

 宮古製糖伊良部工場 (池間邦雄工場長) は1日、 2017/18年産サトウキビ製糖操業を開始した。 初日は原料360㌧が搬入され、 4割が基準糖度帯 (13・1度~14・3度) 以上、 平均甘蔗糖度は13・09度と前年初日を0・7度下回った。 県内では最も早い操業開始となり、 宮糖をはじめ関係者が今期の豊作と無事故無災害を祈念した。 宮糖多良間工場は11日、 宮糖城辺工場は20日の操業開始を予定。 沖縄製糖宮古工場は年明けとなる見込み。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18308-1.jpg
製糖開始式でサトウキビを投入する安村社長 (中央) と関係者=宮古製糖伊良部工場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加