記事一覧

市廃棄物減量等推進審議会で処理計画改定へ

 






2017/11/28 09時07分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市廃棄物減量等推進審議会委員への委嘱状交付式と審議会が27日、 市平良庁舎で行われた。 下地敏彦市長が学識経験者、 行政関係者、 市民代表の委員10人に委嘱状を交付。 第1回審議会では会長に沖縄国際大学の新垣武教授を選出した。 下地市長から諮問を受けた市の一般廃棄物処理基本計画の改定へ向け、 事務局から同計画の中身や市の処理状況などについて説明を受けた。 今後3回程度の審議会を行い2018年3月末に市長に答申する方針。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18280-1.jpg
下地市長 (右) から委員一人ひとりに委嘱状が手渡された=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加