記事一覧

当事者活動紹介し理解求める、こころの健康フェス

 






2017/11/24 09時02分配信 - 健康・暮らし -

 精神保健福祉普及月間 (11月) に伴い、 こころの健康フェスタ (主催・宮古地区精神地域活動推進連絡会) が23日、 平良松原のスーパー特設会場で開催された。 多くの親子連れが詰めかけ、 ふれあいプラザ宮古など福祉事業所の製作品展示販売で、 採りたての野菜や漬物、 アクセサリー、 花の苗など様々な商品を買い求めたほか、 無料ゲームや似顔絵コーナーなどのイベントを楽しんだ。
続き
 同月間は、 精神障がい者の社会復帰・自立と社会参加の促進を図るとともに、 地域住民に対する精神保健福祉活動の啓発普及に寄与し、 宮古地区の地域精神保健福祉活動を図ることを目的としている。 同フェスタは、 心の病を抱える当事者活動を通して精神障がい者への地域理解と啓発を図るとともに、 市民との交流の場として開催された。
 参加機関を代表して同プラザ宮古の松川英文施設長は 「きょうは皆さん、 明るく笑顔で楽しもう」 とあいさつした。
 イベントがスタートすると、 会場は大勢の親子連れで賑わいを見せていた。 輪投げや射的、 ゴルフなどの無料ゲームコーナーでは、 子どもたちの歓声を上げながら楽しむ姿が見られた。 家族で訪れた長濱莉愛ちゃん (6) は 「ゲームがとても楽しかった。 射的でポッキーを当てた」 と笑顔を見せていた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18253-1.jpg
輪投げゲームを楽しむ女の子 (中央) =マックスバリュ宮古南店特設会場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加