記事一覧

県社協主事など研修、地域一体で子供を育む

 






2017/11/17 09時03分配信 - 教育 -

 2017年度第40回沖縄県社会教育主事等研究大会・沖縄県生涯学習関係職員研修会 (主催・県社会教育主事協会など) が16日、 下地農村環境改善センター大ホールで行われた。 市川重彦氏 (国立教育政策研究所社会教育実践研究センター専門調査員) が 「学校と地域の連携・協働の在り方について~社会教育行政と生涯学習関係職員の役割~」 の演題で基調講演。 その中で、 地域と一体となって子供たちを育む地域とともにある学校に転換することや学校を核 (場所) とした地域づくりなどが示され、 今までの 「支援」 から学校と地域が共に働くという 「協働」 が強調された。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18211-1.jpg
基調講演した市川氏

ファイル 18211-2.jpg
県社会教育主事等研究大会・生涯学習関係職員研修会で講演に耳を傾ける参加者ら=下地農村環境改善センター

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加