記事一覧

「笑顔でただいま」宮総実が沿岸海洋実習終え

 






2017/11/15 09時05分配信 - 教育 -

 先月25日から沿岸海洋実習で名古屋などに出港した県立宮古総合実業高校 (本村博之校長) 海洋科学科2年生が13日、 帰島した。 下船式は同日、 平良港第一ふ頭で行われ、 20日間の実習を終えた生徒たちの表情からは達成感と久しぶりに見る家族の顔に安堵の表情を浮かべていた。  
続き
 参加したのは海洋科学科の海洋技術類型7人と機関技術類型6人の計13人で、 「海邦丸5世」 で平良港を出港後は名古屋、 神戸、 糸満港に寄港したという。 式では同船の金城勝船長が 「船内生活では思いやりの気持ちやルールの大切さなど実習を通して多くのことを学んだと思う。 この実習で感じたことを自分の目標達成のために活かしてほしい」 などと激励した。
 実習生を代表し長濱瑠海君が 「とても良い経験ができた。 皆さんにとても感謝している」 などと感想を述べた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18199-1.jpg
多くの保護者らが見守る中で金城船長が実習を終えた生徒たちを激励した=13日、 海邦丸5世の船内

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加