記事一覧

ボクシング比嘉大吾展はじまる

 






2017/11/14 09時04分配信 - スポーツ -

 10月22日に行われた世界ボクシング評議会 (WBC) フライ級タイトルマッチで初防衛を果たした比嘉大吾選手の写真展 (主催・比嘉大吾沖縄後援会宮古支部) が13日、 県宮古合同庁舎1階ロビーではじまった。 試合前日の計量から試合終了後までの写真32点が飾られており同支部の川満養人さんは大勢の市民の来場を呼びかけている。
続き
 この写真展は浦添市役所で琉球新報が開催した写真展の作品を借り受けて実現。 比嘉選手が初防衛戦で挑戦者のトマ・マソン選手 (フランス) をTKOし、 チャンピオンベルトを肩にかけてファンに手を振るまでの様子が写真に収められているほか、 試合当日平良久貝の島の駅みやこで行われたパブリックビューイングで市民らが比嘉選手を応援する写真などもある。
 川満さんは 「比嘉選手は無事14連続KO勝ちし、 記録を更新している。 難しいといわれる初防衛戦で勝利した迫力ある写真を展示しているのでぜひ見に来てほしい」 と魅力を強調した。
 この展示は17日まで同庁舎で行われた後、 宮古空港ターミナルに場所を移し、 20日から24日まで開かれる予定。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18191-1.jpg
写真展に多くの市民の来場を呼びかける比嘉大吾沖縄後援会宮古支部の本村繁信支部長 (左から2人目) と関係者ら=宮古合同庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加