記事一覧

全国重文協秀作展開幕 伝統工芸の技と美紹介

 






2017/11/10 09時07分配信 - 文化・芸能 -

 第25回全国重要無形文化財保持団体協議会宮古島大会の秀作展 「日本の伝統美と技の世界」 が9日、 市総合博物館で始まった。 宮古上布をはじめ同協議会に所属する陶磁器や織物、 漆器、 和紙など14団体の作品43点を展示。 各産地の自然と風土、 先人たちが積み重ねてきた手業が作り出した伝統工芸の美を紹介している。 展示の他、 苧麻糸手績みや砧打ちなどの実演・体験も行われている。 19日まで、 午前9時~午後4時半 (入場無料)。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18172-1.jpg
秀作展で宮古上布について説明する新里玲子代表 (左2人目) =市総合博物館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加