記事一覧

市図書館北分館17年度末閉館伴い最後郷土史講座

 






2017/11/03 09時07分配信 - 文化・芸能 -

 2017年度末で閉館する市立平良図書館北分館で1日、 宮古郷土史研究会による最後の 「郷土の歴史と文化」 講座が開かれた。 前身の県立図書館宮古分館で1973年から続いてきた郷土史講座は44年の歴史に幕を下ろすが、 関係者は建設中の新図書館・未来創造センターでの再開を望んでいる。 この日は同研究会の下地和宏会長が郷土史書を代表する慶世村恒任の 「宮古史伝」、 稲村賢敷の 「宮古島庶民史」 について解説し、 それぞれの特徴などを学んだ。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18129-1.jpg
最後となった 「郷土の歴史と文化」 講座に耳を傾ける受講者たち=1日、 市立平良図書館北分館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加