記事一覧

公庫宮古支店、17年度上半期融資は20億6500万円

 






2017/11/01 09時05分配信 - 産業・経済 -

 沖縄振興開発金融公庫宮古支店 (安里高志支店長) によると2017年度上半期 (4~9月) の融資金額は20億6500万円で、 前年度同期 (29億7400万円) 比69・4%となっている。 前年度同期を下回っているものの観光業や建設業などが好調に推移していることから、 ここ3年の融資実績 (通期) の14年度69億8600万円、 15年度71億6700万円、 16年度69億7100万円を目指した取り組みを強化するとしている。
続き
 上半期の業種別融資実績は、 建設業3億2000万円 (構成比15・5%)、 製造業2億1900万円 (同10・6%)、 卸売・小売業3億2400万円 (同15・7%)、 不動産業・物品賃貸業3億3900万円 (同16・4%)、 飲食店・宿泊業3億4400万円 (同16・6%)、 サービス業3億2200万円 (同15・6%)、 その他1億9800万円 (同9・6%) となっている。
 前年度2億2700万円と大幅に伸びた教育資金は、 17年度上半期は4300万円で前年度の6700万円には届かったが、 ここ5年間では2番目に高い金額なことから下半期への伸びに期待がかかる。
 上半期の融資実績は、 10月27日に市内ホテルで開催された地元経済・行政関係者との宮古経済ワイドー懇談会で説明された。

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加