記事一覧

普通交付税約6億円減、18年度予算編成始まる

 






2017/10/26 09時02分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) の2018年度予算編成に向けた説明会が25日午後、 下地農村環境改善センターで開かれた。 年内に予算入力、 ヒアリング及び査定を実施し、 来年1月末までに最終内示を実施する予定。 歳入の約3割を占める普通交付税が合併算定替えによる段階的な減額に伴い、 18年度は加算額の50% (約6億円) 減と財源確保が厳しくなることを踏まえ、 義務的経費以外は前年度措置額を下回って要求することを編成の基本としている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18074-1.jpg
18年度予算編成に向けて市各部課職員に対する説明が行われた=下地農村環境改善センター

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加