記事一覧

宮古島市議会 与党、安定多数で主導権

 






2017/10/24 09時07分配信 - 政治・行政 -

 22日執行の宮古島市議会議員選挙 (定数24) は33人が激戦を展開し、 現職13人、 新人9人、 前職1人、 元職1人が当選した。 注目されていた与野党の新たな勢力構成は、 与党系が改選前から3増の 「16」 と安定多数を確保し、 是々非々の立場を示す中立系が5減の 「3」、 野党系が同数の 「5」 となった。 保守系の下地敏彦市政にとって改選前 (定数26) の過半数13から与党が安定多数と引き続き主導権を握ることで、 3期目に掲げた政策実現に向けて、 万全な体制が構築された。 新たな構成による議会は、 任期がはじまる11月13日に全員協議会、 22日に初議会となる臨時会が予定されている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加