記事一覧

衆院選沖縄4区、西銘氏が当選

 






2017/10/23 09時05分配信 - 政治・行政 -

【那覇支局】沖縄経済の振興や米軍普天間飛行場の辺野古移設問題などを争点とした第48回衆議院議員総選挙は22日、 投開票されたが、 宮古島市や多良間村など11市町村で構成する沖縄4区は、 沖縄本島に接近した台風21号の影響で久高島から投票箱が届かず、 南城市がきょう23日午後1時からに開票延期となった。 しかし一部報道が宮古島市などの票差を踏まえ、 自民前職の西銘恒三郎氏 (63) =公明推薦の当確を報じた。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18056-1.jpg
当確の報道を受け、 バンザイ三唱を繰り返して喜びを爆発させる西銘氏 (右から4人目) =23日午前1時25分過ぎ、 南風原町の選対事務所

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加