記事一覧

衆院選公示、仲里・西銘氏が立候補届け出

 






2017/10/11 09時07分配信 - 政治・行政 -

【那覇支局】第48回衆議院議員総選挙が10日公示され、 22日の投開票に向けて12日間の選挙戦に突入した。 宮古島市や多良間村など11市町村で構成する沖縄4区には、 届け出順に幸福党新人の富川泰全氏 (38)、 無所属前職の仲里利信氏 (80)、 自民前職の西銘恒三郎氏 (63) が立候補。 1~3区には計9人が県選挙管理委員会に立候補を届け出た。 沖縄では、 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題や沖縄振興の在り方などを争点に、 各選挙区とも前回 (2014年12月) と同様に辺野古新基地反対を掲げる 「オール沖縄」 勢力と政権与党の自民前職との対決構図となっている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 17980-1.jpg
仲里利信氏

ファイル 17980-2.jpg
西銘恒三郎氏

ファイル 17980-3.jpg
富川泰全氏

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加