記事一覧

トゥリバーフラ 海背に自然と調和 5周年結婚式も

 






2017/10/07 21時07分配信 - 催事・イベント -

 「カギマナフラin宮古島2017」 (主催・宮古島市など) のトゥリバーフラが7日、 トゥリバー海浜公園で行われた。 日本のみならず香港からもハラウ (教室) が出場し舞台を華やかに彩った。 5周年記念の 「カギマナフラ・ウェディング」 も挙行され、 2組の夫婦誕生を会場全体で祝福した。
続き
 カギマナフラとは宮古島の方言で「美しい」を表す 「カギ」にハワイ語で「魂」を表す「マナ」を組み合わせたもの。マウイと宮古の「美しい島々スピリット」を、イベントを通して表現するという意味が込められている。
 午後4時に始まった第1部では、 傾きつつある夕日と伊良部大橋を背にフラダンサーたちがそれぞれのフラを披露。 強い浜風にも関わらず優雅に踊る姿に会場からは多くの拍手が送られた。 日も落ちて辺りが暗くなった中での第2部と第3部はより幻想的な雰囲気になり、 会場はうっとりとダンスに見入っていた。
 第1部と第2部の間にはカギマナフラ・ウェディングが行われ、 砂浜に敷かれたレッドカーペットの前に儀間貴哉さんと堀内盟美さん、 堀内雄功杜さんと玉那覇愛子さんの2組の新郎・新婦が現れると会場の興奮は最高潮に達した。 ライスシャワーに祝福されながら4人は舞台へ移動。 ステージ上に準備された祭壇で神父を前に新郎と新婦はそれぞれ夫婦の契りを交わし、 晴れて夫婦となった。
 下地敏彦大会長と沖縄タイムスの武富和彦常務取締役が開会のあいさつをしたほか、 カポノ・カマウヌさんがチャンティングで成功を祈願した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 17965-1.jpg
流麗なフラで観客を魅了するダンサーたち=トゥリバー海浜公園

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加