記事一覧

衆院選、沖縄第4選挙区 仲里・西銘氏一騎打ちか

 






2017/09/29 09時06分配信 - 政治・行政 -

【那覇支局】衆議院は28日午後の本会議で解散された。 冒頭解散は4例目で、 新内閣の発足後に国会で質疑を経ずに解散した例は戦後初という。 衆院選は10月10日告示、 同22日投開票の日程で行われることが決まった。
 宮古など先島を含む沖縄第4区は、 前回 (2014年12月) と同じく、 現職で無所属の仲里利信氏 (80) と現職で自民党の西銘恒三郎氏 (63) の事実上の一騎打ちとなる見通し。 前回は、 仲里氏が当選。 西銘氏は九州比例で復活当選している。 新人で幸福実現党の富川泰全氏 (38) も出馬を表明している。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加