記事一覧

多良間村議会一般質問で職員採用試験実施へ

 






2017/09/12 09時06分配信 - 政治・行政 -

【多良間】多良間村議会 (森山実夫議長) の9月定例会は11日、 同村議場で一般質問が行われ、 富原安則、 豊見山正、本村健次、安里三喜男、福嶺常夫の5氏が登壇し、 村政全般について当局を質した。 このうち初の一般質問となる安里氏は多良間村職員の採用試験が過去40年で2回しか実施されていないと指摘し 「今後採用試験は実施しないのか。 実施する場合はいつからやるのか」 と質した。
続き
 安里氏は 「1977年と1994年の2回職員採用試験を実施しているが県内の30町村のなかで今現在職員採用試験を実施していないのは多良間だけ」 と述べた上で 「採用されるのはその時の村長選挙の功労者、 もしくは身内か親戚、 支持者しか採用されない現実。 採用試験の実施が島外にいる島出身の優秀な子どもたちが島に戻るきっかになると思う。 いつごろから実施するのか」 と質した。
 これに対し伊良皆光夫村長は 「職員採用試験選考に関する規則を今年度中に制定しそれに基づいて実施していく」 と答弁した。
 豊見山氏は夢パティオの民間への管理委託などについて質問。 伊良皆村長は 「全国的な社会の流れとしてなるべくは民間に委託しようという流れで私は賛成」 と答えたほか、 村の臨時職員の時給アップについても 「これまでもある程度、時給を上げてきたが人手不足の時代に合わせて時給アップするということは大切だと思っている」 などと答えた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 17807-1.jpg
一般質問で議員からの質問に答える伊良皆光夫村長=多良間村議会

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加