記事一覧

「将来の肉用牛振興を考える」ワークショップで提言

 






2017/08/24 09時03分配信 - 産業・経済 -

 宮古島市農林水産部 (松原清光部長) は23日、 市役所上野庁舎で 「将来の肉用牛振興を考える」 と題し、 畜産農家や関係団体による意見交換会を行った。 飼養頭数や農家戸数の減少、 子牛の死亡事故防止をテーマにワークショップが行われ、 一括交付金による助成や空き牛舎の活用、 新規就農を促進する施策の充実などについて提言をまとめた。 市や県など行政側では課題解決に向けて今後の施策に生かしていく考え。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 17689-1.jpg
頭数や戸数の減少、 死亡事故防止に関してまとめた提言を発表する農家=市役所上野庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加