記事一覧

宮古地区栽培漁業推進協議会、17年度事業確認

 






2017/07/12 09時05分配信 - 政治・行政 -

 2017年度宮古地区栽培漁業推進協議会 (会長・下地敏彦市長) が11日、 市役所平良庁舎で開かれた。 16年度でハマフエフキ約1万5000尾、 タイワンガザミ約25万尾、 シラヒゲウニ3800個、 ヒメジャコ1万7700個を放流したことが報告されたほか、 17年度でも引き続き積極的な放流などを実施していくことを確認した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 17418-1.jpg
本年度の放流予定など事業計画を審議、 承認した地区栽培漁業推進協議会=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加