記事一覧

ツール・ド・宮古島2017 表彰式で選手ら健闘たたえる

 






2017/07/10 09時05分配信 - スポーツ -

 「第10回ツール・ド・宮古島2017」 (主催・同実行委員会) の表彰式とパーティーが9日、 市内平良のトゥリバー地区で行われた。 表彰式では、 大会実行委員長の長濱政治副市長らが各年代別と総合の上位入賞選手らの首にメダルをかけ、 トロフィーや賞品などを手渡した。
続き
 今大会には、 前日に行われたサイクリングの部も含め県内外から695人の選手が参加。 ロードレースには計482人が出場し、 照りつける太陽の下で熱い戦いを繰り広げた。
 式では長濱実行委員長が 「レースは暑く苦しかったと思う。 たくさん練習してきたと思うが、 ぜひ来年も戻ってきて大会を盛り上げてほしい」 と選手をねぎらうとともに来年の参加を呼びかけた。
 来賓の棚原芳樹宮古島市議会議長があいさつを述べたほか、 市教育委員会の宮國博教育長が乾杯の音頭を取った。 立食パーティでは競技を終えた選手らがおいしい料理と飲み物で疲れを癒すとともに、 暑さと湿気、 向かい風に苦しめられたレース展開を振り返った。 また、 互いの健闘を称えるとともに感想を述べるなど交流を深めていた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 17403-1.jpg
乾杯で互いの健闘をたたえあう選手たち=トゥリバー地区

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加