記事一覧

夏場にセイタカシギ、トゥリバーで3羽確認

 






2017/07/07 21時06分配信 - 科学・環境 -

 宮古を含む沖縄地方には主に冬の渡り鳥として姿を現わすセイタカシギが6日、 平良久貝地先のトゥリバー地区の水溜まりで3羽が確認された。 県内では11月~3月に飛来し、 まれに5月ごろまで見られることはあるものの、 夏場に見られるのは珍しいという。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 17398-1.jpg
トゥリバー地区にできた水溜まりを歩きながらエサを捕食する3羽のセイタカシギ。 左側の個体は頭部が灰色となっている=6日午前10時30分ごろ、 平良久貝地先

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加