記事一覧

市総合博物館「平和展」 戦争遺跡から平和考える

 






2017/06/17 09時03分配信 - 社会・一般 -

 宮古島市総合博物館で 「戦争」 と 「復帰」 をテーマにした自主企画 「平和展~沖縄返還から45年 復帰への道」 (5月19日~6月25日) が開催されている。 本土復帰から45年、 6月23日の 「慰霊の日」 に併せた特別展として企画したもので、 戦争から復帰までの歩みが関連資料やパネルで展示。 同展も終盤に入り、 同博物館では 「過去の状況を振り返り、 平和とは何かを考える機会にしてほしい」 と来館を呼びかけている。 宮古島や伊良部島などでは多くの戦争遺跡が発見されており、 展示されている 「国仲砂川 (うるか) の壕」 と隣接した 「国仲美里の壕」 や、 出土した遺物に注目した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 17259-1.jpg
「国仲砂川の壕」 に隣接する 「国仲美里の壕」 から出てきた食料用の缶詰と思われるカン=市総合博物館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加