記事一覧

近藤と上田が女子形で優勝、県少年少女空手選手権

 






2017/05/10 09時03分配信 - スポーツ -

 沖縄県少年少女空手道選手権大会 (主催・県空手道連盟) が7日、 県立武道館で開催され、 形競技女子の部で凜道場から出場した小学1年の上田楓乃 (宮古島支部・久松) と小学6年の近藤花音 (同・南) が優勝、 小学3年の野原雫 (多良間支部・多良間) が準優勝し、 全国及び九州大会の出場権を獲得した。
続き
 近藤は、 これまで数々の大会でタイトルを獲得してきたが同大会の優勝は初めて。 決勝で判定の旗が上がった瞬間は、 観客席の応援団から割れんばかりの歓声が上がった。 「優勝は近そうで遠かった」 と念願の優勝を喜び、 「この大会で優勝することを目標にずっと頑張ってきた。 小学校最後の大会で優勝できて本当に嬉しい。 指導してくれた先生や応援してくれた家族、 道場の仲間のおかげ。 この気持ちを胸に九州や全国大会でも良い成績を残したい」 と感謝と抱負を述べた。
 同道場の仲村渠ゆかり代表は 「県内から強豪選手が出場する中、 宮古島・多良間支部からも3人が全国大会の切符を手にすることができた。 陸続きの本島のように練習試合が十分できる環境とは言えない中での努力の結果だと誇りに思う。 選手をサポートする家族の頑張りにも頭が下がる思い。 全国・九州では1勝でも多く勝てるよう、 今回思うように力が発揮できなかった選手の新たな目標のためにも稽古を頑張りたい」 と話していた。
 九州大会は6月17・18日に福岡県北九州市総合体育館、 全国大会は8月5・6日に東京武道館で開催される。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 17015-1.jpg
形競技で優勝した (右から) 近藤と上田、 準優勝の野原=7日、 県立武道館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加