記事一覧

博愛門とフラワーボード、トライアスロンコースを飾る

 






2017/04/21 09時04分配信 - 社会・一般 -

 全日本トライアスロン宮古島大会に向けて市役所上野支所は20日、 バイクコースとなる同庁舎前に恒例の 「博愛の門」 を設置した。 上野庁舎各課の職員が16日から準備を進め、 軽トラック3台分のソテツの葉を使って門を飾り、 横断幕や垂幕を張っていた。
続き
 大会当日、 同庁舎前ではエイドステーションが設置され、 同支所職員と上野中学校の生徒が担当する。 同支所の宮国克則さんは 「門を作るとトライアスロンも近いと感じる。 当日は多くの選手がこの門を通過してほしい。 みんなで大会をサポートしていきたい」 と話していた。
 下地の上地交差点には宮古島トライアスロン実行員会下地支部が19日にフラワーボードを設置。 サルビアなどの花約3000ポッドで交差点を飾り、 幅5㍍高さ2・7㍍のボードには花で 「ワイドー」 の文字を象っている。 大会後、 花は地元の小中学校にプレゼントする。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16894-1.jpg
市役所上野庁舎前の 「博愛の門」

ファイル 16894-2.jpg
下地上地交差点のフラワーボード

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加