記事一覧

土地改良総合事務所宮古支所が開所

 






2017/04/18 09時07分配信 - 産業・経済 -

 沖縄総合事務局は17日、 985㌶農地の農業水利施設の改修を行う国営施設応急対策事業宮古地区 「土地改良総合事務所宮古支所」 (飯田稔支所長) の開所式を平良港ターミナルビルで行った。 JTAドーム宮古島での祝賀会では同宮古支所や宮古島市、 県など関係者が参加し、 開所を祝った。 国営宮古地区土地改良事業の地下ダム建設による水利用農業で施設野菜・果樹などが恩恵を受けている中で、 施設の老朽化等でパイプライン破損による漏水事故など不測な事態が発生していることから安定的な水供給へ向けて用水路の改修を行う。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16876-1.jpg
宮古支所の看板を掲示した遠藤農林水産部長 (中央左)、 下地市長 (同右) ら=平良港ターミナルビル3階

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加