記事一覧

宮古製糖城辺15万㌧豊作、今期搬入終了

 






2017/04/11 09時07分配信 - 産業・経済 -

 宮古製糖城辺工場は10日、 2016/17年産サトウキビの原料搬入を終了した。 総搬入量は15万2000㌧で前年比2万8256㌧ (22・8%) 増と大幅増産となった。 今期のサトウキビは生育期の気象条件に恵まれて豊作が予想され、 城辺工場は27年ぶりに年内操業を実施。 製糖期間は115日となった。 9日は多良間工場も終了しており、 操業中の伊良部工場、 沖縄製糖と合わせると宮古地区の今期総生産量は42万㌧以上となる見通しだ。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16832-1.jpg
今期最後の原料サトウキビを搬入した宮古製糖城辺工場=市内城辺砂川

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加