記事一覧

食肉センター16年度実績 肉用牛と畜大幅に増加

 






2017/04/08 21時07分配信 - 産業・経済 -

 上野野原に新築移転し、 昨年4月末から供用開始した宮古食肉センター (岡村幸男社長) の2016年度と畜実績がまとまった。 それによると、 肉用牛は前年度に比べて約2・4倍と大幅に増加。 食肉の格付職員を配置したことにより、 旧センターでは沖縄本島で行っていた等級の格付や部位のカットが地元でできるようになった効果が表れた。 一方、 豚と山羊は減少。 全体的には事業計画から遠く離れており、 生産性の改善や規模拡大など課題は多い。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16824-1.jpg
移転新築から1年が経とうとしている宮古食肉センター=上野野原

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加