記事一覧

市総合基本計画を策定 入域観光客120万人目標

 






2017/03/30 09時07分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市総合計画審議会 (下地芳郎会長) は29日、 下地敏彦市長に第2次宮古島市総合計画基本計画を答申した。 今後は市長決裁を経て、 向こう5年間の市の分野ごとの方針や主な施策、 達成すべき目標を明らかにし、 基本構想の実現に向けて施策を推進する。 観光産業では市全体で観光客を受け入れる体制づくりを行い2021年度までに入域観光客数120万人を目標にすることを盛り込んだ。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16760-1.jpg
諮問のあった市総合計画基本計画について市長に答申する下地会長 (左) =市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加