記事一覧

肉用牛セリ2016年実績 46億円と過去最高を更新

 






2017/03/21 09時07分配信 - 産業・経済 -

 JAおきなわ宮古地区本部 (下地保造本部長) の2016年度肉用牛販売実績が46億5784万円と前年度と比べて7億2418万円 (18・4%) 増加し、 前年度の過去最高をさらに更新したことが19日、 3月期セリ市を踏まえた集計で分かった。 月齢12カ月以内の子牛一頭当たりの平均価格は11万2377円高の75万8052円となり、 年間を通して最高値を維持する結果となった。 依然として全国的な子牛不足や和牛の輸出増加などから上昇が続いており、 17年度も高水準が継続すると予想されている。 子牛販売頭数は145頭増の5819頭となり、 前年度までの減少傾向から増加に転じた。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16703-1.jpg
子牛平均価格が70万円台と高値を維持した3月期肉用セリ市場=平良山中の宮古家畜セリ市場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加