記事一覧

市が総合実業高校で認知症サポーター養成講座

 






2017/03/15 09時03分配信 - 社会・一般 -

 宮古島市高齢者支援課は14日、 県立宮古総合実業高校で生活福祉科2年生を対象に認知症サポーター養成講座を行った。 認知症対応型共同生活介護グループホームまきや管理者の松原慶さんが、 認知症に関する基礎知識や症状、 対応などについて説明した。 同校での講座はこれまでに4回開かれており、 計133人の生徒が認知症サポーターの証であるオレンジリングをもらっている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16663-1.jpg
生活福祉科の生徒に認知症について説明する講師の松原さん=宮古総実高校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加