記事一覧

一般会計補正予算などを承認、宮古島市議会

 






2017/03/11 09時06分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市議会 (棚原芳樹議長) 3月定例会は10日、 先議案件について採決を行い、 2016年度一般会計及び特別会計補正予算、 公有水面埋立承認など計12議案を可決した。 一般会計補正額は2億6324万円。 30事業・約26億円を次年度繰越とし、 歳出では新技術実証栽培事業の繰入金などを計上した。
続き
 一般会計補正予算を審議した総務財政委員会の嵩原弘委員長は報告の中での学校建設費について 「学校統廃合は地域にかかわる重要な問題であるため、 十分な住民の議論が尽くされていない計画は立ち止まり議論を深める必要がある」 との反対意見があったとしたうえで「採決の結果賛成多数で原案可決された」と述べた。 次年度繰越となった主な事業 (金額) は次の通り。
 ごみ処理施設等整備事業 (8億3766万円) ▽島嶼型スマートコミュニティ実証事業 (1億7897万円) ▽伊良部地区小中一貫校整備事業 (1億2121万円) ▽パイナガマ公園整備事業 (1億1648万円) ▽大道線・大原線道路改良事業 (1億6434万円) ▽農山漁村活性化対策事業 (1億8551万円) ▽地域産婦人科医療施設整備助成金 (1億円)

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16644-1.jpg
2016年度一般会計補正予算案などを審議承認した=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加