記事一覧

危機感持って口蹄疫備え、実働演習

 






2017/03/10 09時05分配信 - 産業・経済 -

 宮古地域特定家畜伝染病防疫実働演習 (主催・県宮古農林水産振興センター) が9日、 平良山中のJA宮古家畜セリ市場などで行われた。 関係機関・団体が参加し、 口蹄疫の発生を想定して蔓延防止や早期封じ込めのための防疫作業、 消毒など一連の行動を訓練し、 それぞれの役割を確認した。 口蹄疫の発生が相次ぐ東アジアからの観光客が増加する中、 今年は100回を超えるクルーズ船の寄港が予定され、 特定家畜伝染病の侵入リスクに警戒を強めている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16636-1.jpg
口蹄疫の発生を想定した防疫実働演習で牛舎の消毒訓練を行う参加者=JA宮古家畜セリ市場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加