記事一覧

琉球藍入手困難危ぐ~宮古上布保持団体報告会

 






2017/03/07 09時06分配信 - 産業・経済 -

 宮古上布保持団体 (新里玲子代表) の2016年度伝承者養成事業報告会が5日、 市役所平良庁舎で行われた。 各工程で重要無形文化財の技術を受け継ぐため学んできた伝承者が1年間の成果や課題などを報告した。 また宮古上布を深い紺色に染める琉球藍の入手困難が続くことから、 昨年11月に実施した本部町伊豆味での産地研修についても報告され、 将来的にも生産量の減少が危惧されることからインド藍など他染料の研究開拓の必要性を提言した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16616-1.jpg
今年度の伝承者養成講習などの報告を行った宮古上布保持団体=5日、 市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加