記事一覧

きょう雨水、カエンボク咲く

 






2017/02/18 09時02分配信 - 健康・暮らし -

 18日は24節気の一つ 「雨水 (うすい)」。 暦の上では草木が芽生える頃とされ、 農耕の準備を始める目安とされている。 空から降る雪が雨に変わり、 氷が溶けて水になるとの意。 寒さのピークともされ、 春一番が吹く時期とされる。
続き
 宮古島地方は向こう一週間、 期間のはじめと終わりは気圧の谷の影響で曇り、 雨の降るところもあるが、 中ごろは高気圧におおわれて晴れそうだ。 気温は平年と比べて高い見込み。 暦の上ではこれから 「三寒四温」 を繰り返しながら、 来月5日の 「啓蟄 (けいちつ)」、 20日の 「春分」 に向かって暖かさも増す。
 暖冬傾向の中、 平年は3月から開花するといわれる、 世界三大花木の一つカエンボク (ノウゼンカズラ科) が色鮮やかな花を咲かせ始めて。 熱帯アフリカ西部原産で高さ5㍍以上になる。 別名は花の形がチューリップに似るため 「アフリカンチューリップ」。 枝の先に朱色の花を房状に広げて咲く様子が炎 (火焔) のように見えることが名前の由来とされている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16511-1.jpg
くもり空の下で色鮮やかなカエンボクの花が咲き始めた=市総合体育館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加