記事一覧

17年度市当初予算 一般会計382億円計上

 






2017/02/11 09時07分配信 - 産業・経済 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) は10日、 2017年度予算案を各部局に最終内示した。 一般会計総額は合併後で過去最高となった前年度当初と比べて0・4%増の382億7200万円となった。 普通交付税の合併算定替の段階的減額2年目となる中、 生活保護扶助など民生費が増加したことに加え、 未来創造センターやリサイクルセンター建設などの大型事業継続、 農林水産や土木、 教育、 公債費などに予算を配分した。 同市の財政標準規模約190億円の2倍となる過去最大規模の予算編成が2年連続となったことに長濱政治副市長は 「 (合併による) 必要な事業を積み上げた結果。 大型工事が続いているが、 しばらくすれば落ち着く」 との見解を示した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16472-1.jpg
2017年度宮古島市一般会計当初予算案

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加