記事一覧

新種期待込め、シマジリクジラ化石寄贈

 






2017/02/08 09時04分配信 - 文化・芸能 -

 1973年に平良島尻の北海岸でクジラ (通称シマジリクジラ) 頭蓋骨化石を発見した安谷屋昭さんが7日、 宮古島市教育委員会 (宮国博教育長) に同化石を寄贈した。 化石はこれまでの調査研究からナガスクジラ科の特徴的な形態を有しているなどとしているが種の決定には至らず未定種となっている。 新種の古生物の可能性を秘めていることから新種記載の論文発表に向けた本格調査のために寄贈したもの。 安谷屋さんは新種の可能性に期待を込めたほか、 構想されている新博物館での展示方法なども要望した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16447-1.jpg
寄贈式で宮国教育長 (左) に目録を手渡す安谷屋さん (中) と本格的調査を行う甲能教授 (右) =市総合博物館

ファイル 16447-2.jpg
クジラ (通称シマジリクジラ) 頭蓋骨化石

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加